KORG microX 一番最初に購入したハードシンセサイザー

機材レビュー

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

KORG Legacy Collection DIGITAL EDITIONを購入し、DTMをはじめているとある疑問が生まれました。

ソフトシンセサイザーだけでは楽曲の、クオリティや、オリジナリティが、上がらないのではないのか?

そこでハードシンセサイザーを購入しました。

KORG  microX

www.korg.com

KORG microXは、世界標準機TRITONシリーズで採用された、高品位音源HI(Hyper Integrated)シンセシス・システムによる、ハードシンセサイザーです。

 

KORG microXは高音質PCM音源らしくハイファイな出音で、その中のプリセットでは様々な楽曲のイメージを沸かせてくれました。

 

パソコンと接続はUSB接続で、DTMプラグイン・エディターが、バンドルされていましたので、音作りには最適でした。

KORG microXのアルペジエーターのMIDIデータを、DTMに送信出来た事もMIDIファイルを作成するには、大変勉強になりました。

 

しかしながらKORG microXから送信されたMIDIデータは、ベロシティが最大値の127のみでしたので、DTMでベロシティを変更するのが一手間でした。

 

当時はスタジオをこんな風にセッティングして、毎日楽曲を作っては、週末クラブに行く生活を送っていました。

KORG microXを使い込んでから、友人に譲りましたが、また購入したいぐらい、大切なシンセサイザーの一つです。

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました