EVENT TR6 一番最初に購入したモニタースピーカー

機材レビュー

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

FA-66を購入しDTMをはじめようとすると、QOSMIOのスピーカーからDTMの音が出なくなりました。それはオーディオデバイスが、QOSMIO純正のサウンドカードから、FA-66に変更されたからでした。

 

そこでFA-66から出力された出音を、スピーカーに接続する必要がありました。

ですので次に購入した機材は、モニタースピーカーです。

EVENT TR6

詳細

タイプ:モニタースピーカー、バイアンプ使用
スピーカー:LF=16.5cm HF=2.5cm
周波数特性:45Hz~20kHz
最大出力(SPL):>106db
クロスオーバー:2.6kHz
ノイズ:>100db
コネクター:XLR、TRSフォン、ピン
パワーアンプ出力:LF:50W HF:30W
サイズ:21W×32H×26Dcm
重量(1本):8.1kg
国内正規品100V仕様

当時販売価格73,500円(ペア)

 

EVENT TR6は当時はマイナーながらも、評価が高かったので購入しました。

出音はパワフルで自宅ではツマミの位置を、9時に固定して使用していました。そうするとウーハーユニットに十分な出力を、送る事が出来ないと気づくには、時間が掛かりました。

 

完全に防音、遮音、吸音を施さないと、モニタースピーカーの性能を、十分に発揮出来ないのです。

ですので日本の家庭環境では、20Wから50Wぐらいまでの、モニタースピーカーが適切だと思います。

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました