KORG microKONTROL 一番最初に購入したMIDIキーボード

機材レビュー

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

Ableton Live 5を購入してDTMをはじめていると、QOSMIOのキーボードではMIDIデータを、細かく編集せざるおえなくなりました。

細かい編集とはベロシティ(音の強弱)や、ゲートタイム(音の長さ)などです。

作曲してる時に細かい編集をしてると、モチベーションが下がるので、すぐにMIDIキーボードを購入することになりました。

microKONTROL

www.korg.com

バンドマン時代からコルグ社のトライトンが欲しかったので、MIDIキーボードもコルグ社のmicroKONTROLを購入しました。

元々鍵盤楽器が得意じゃなく、手のサイズも小さいので、ミニ鍵盤を探していましたら、microKONTROLがミニ鍵盤で、16個のパッドと8個のロータリーノブと8本のスライダーが、私には大変魅力でした。

microKONTROLを購入し、QOSMIOにUSB接続すると、QOSMIOがmicroKONTROLを認識しません。

microKONTROLだけじゃなく、パソコンにハードウェアを認識させるには、ドライバーが必要だと警告が出ていますので、付属のCDからドライバーをパソコンにインストールして、ようやくmicroKONTROLがパソコンに認識しました。

Ableton Live 5でmicroKONTROLを使用してると、ミニ鍵盤以外のパッドやツマミやスライダーが、使いにくい事が判明しました。

microKONTROLはMIDIキーボードとして、ミニ鍵盤だけの使用に限界を感じ、友人へAbleton Live 5をプレゼントしました。

 

現在では様々なMIDIキーボードがありますが、実際にMIDIキーボードを触ったり弾いたりして、確かめる必要があると思った機材の一つです。

みなさんは楽器店に行って様々な機材を触ってると、店員さんや他のお客さんに迷惑が掛かると思い、遠慮がちになってると思います。

しかしながら楽器店は楽器を売るお店なので、その機材が本当に必要かを知るまで、その楽器を触って確かめたほうが宜しいと思います。

みなさんの近所にある楽器店に足を運んで、楽器店の店員さんと仲良しになる事も必要かもしれません。

その時は楽器店の店員さんに作曲をしてるジャンルや、現在所有してる楽器などを教えると店員さんも、アドバイスがしやすいと思います。

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました