GH5内臓マイクと、MKE600の比較レビュー

動画公開

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

XONE STUDIOでは、先日SENNHEISER MKE 600を導入し、Panasonic LUMIX DC-GH5の内臓マイクと、比較してみましたので、GH5とMKE600関連をご紹介致します。

Panasonic LUMIX DC-GH5

GH5は動画撮影を目的として、2017年の7月に導入し、現在までに、10作の動画を公開致しました。

私がなぜGH5を導入する事になったのは、当時GoPro HERO5では、録画できない4K60Pの画質に、魅了されたからです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥205,046 (2020/09/22 21:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

それまで一眼レフカメラは、全く使ったことがなく、F値・シャッタースピード・ISO感度・焦点距離もまったく意味不明でした。

今でもカメラ知識は音響理論ほど無く、ようやくオート撮影からマニュアル撮影が、出来るようになったくらいで、逆に教えて欲しいくらいです。

今まではGH5の内臓マイクで収音しておりましたが、最近自撮り撮影しますと、どうしても音質が気になり、MKE600を購入する事になりました。

SENNHEISER MKE600

それまでSENNHEISERのマイクは、所有はしてないものの、音響業務で使用する機会が多々あり、そのつど高い信頼性を評価してきました。

しかし初めてのショットガンマイクロフォンで、どうせなら映像業界の、デファクトスタンダードである、MKH416を購入したかったのですが、GH5に装着しますと、見切れそうな気がしましたので、小型版であるMKE600にしました。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥39,852 (2020/09/22 06:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

GH5のオプション品であるDMW-XLR1で、ファンタム電源を送れるのも、MKE600を購入する決め手となりましたね。

スペック

・指向特性:スーパーカーディオイド/ローバー
・周波数特性:40 Hz ~ 20 kHz
・感度:21 mV/Pa (P48)、19 mV/Pa (battery)
・最大音圧:132 dB SPL (P48)、126 dB SPL (battery)
・等価ノイズレベル:15 dB (A) (P48)、 16 dB (A) (battery)
・電源:48 V ± 4 Vまたは単3電池(1.5 V/1.2 V)
・消費電流:4.4 mA (P48)
・電池での動作時間:約 150 時間
・“Low Batt”表示:< 1.05 V *最初に表示されてから約8時間動作可能です
・直径:20 mm
・長さ:256 mm
・重量:128 g (電池含まず)
・動作温度範囲:-10°C ~ +60°C

気になった事は、電池よりもファンタム電源のほうが、感度や最大音圧が高い事です。

時としてファンタム電源でノイズが乗る場合も考えて、単3電池をストックするのも、

プロとしてのバックアップ体制だと思います。

周波数特性

周波数特性を見ますと、コンデンサーマイクらしいピークやディップのない、平均的な周波数特性があり、多少ハイ上りは現代風の仕上がりになっております。

ローカットスイッチを入れますと、200Hzくらいから、なだらかに左肩下がりに、なっておりますので、周辺ノイズや吹かれに対して効果がありそうです。

指向特性

指向特性では、ショットガンマイクらしい特性かと思いましたが、スーパーカーディオイドの特性も含まれたローバー特性ですので、動画撮影には、もってこいの特性だと思いました。

ちなみに私の趣味はツーリングですので、野外撮影を考えて、MKE600に風防を付けるために、MZH600も購入しました。

SENNHEISER MZH 600

MZH600は風防としては高い商品ですが、今までの経験上、野外撮影で使用するマイクには、毛足の長い風防が必要になるのは承知の上ですので、購入しました。

毛は多少抜けますので、取り扱いには注意が必要です。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥9,732 (2020/09/22 21:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

SENNHEISER KA 600

KA600は、MKE600をGH5のステレオミニへ直接入力するために、購入しました。

野外撮影では、荷物を減らす目的として、重宝しそうです。

しかし室内撮影では、DMW-XLR1が大活躍するでしょう。

しかし私の経験上ステレオミニ入力はS/Nが悪く、ホワイトノイズが出る可能性が、ありますので、あくまでもバックアップ用として準備しておきます。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥3,909 (2020/09/22 21:35:08時点 Amazon調べ-詳細)

Panasonic DMW-XLR1

DMW-XLR1は、GH5と一緒に購入し、舞台を撮影するときのみの使用でしたので、とても勿体ない使い方でした。

でも今回MKE600を購入したことで、ようやく日の目を浴びる事になりました。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥33,345 (2020/09/22 21:35:09時点 Amazon調べ-詳細)

個別のレビューは今後使い方を熟知してから行いますので、それまでは、編集した動画をご覧ください。

動画公開

比較はいかがだったでしょうか?

宜しければ、高評価やチャンネル登録をお願い致します。

まとめ

一眼動画最強カメラなら、Panasonic LUMIX DC-GH5

内臓マイクよりも音質を求めるなら、SENNHEISER MKE 600

野外撮影の風防は、SENNHEISER MZH 600

野外撮影のお供に、SENNHEISER KA 600

GH5に外部マイクを装着するなら、Panasonic DMW-XLR1

動画では言ってませんが、GH5の内臓マイクもさほど悪くなく、MKE600+DMW-XLR1でも、多少ホワイトノイズが乗っていますので、気になる方は、実際に試してみてくださいね。

 

私も今後は、各設定方法や、声の出し方を調整致しますので、みなさんも応援をよろしくお願い致します。

今後も音響機材やカメラ機材の事を更新していきますので、参考にしてください。

コメントやメッセージもお待ちしております。

 

あなたにとって、素敵な撮影生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました