はじめてのDTM講座 五回目 モニターヘッドフォンの選び方

DTM講座

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

前回はモニタースピーカーの選び方を説明しましたので、今回はモニターヘッドフォンの紹介をしましよう。

モニターヘッドフォンとは

モニターヘッドフォンとはDTMをはじめるにあたって、モニタースピーカーと並ぶぐらい出音を確認する為に、必要な機材です。

モニターヘッドフォンは音色の確認やレコーディングに使いますので、なるべく音色の変化が少ない機種を選ぶ必要があります。

モニターヘッドフォンの必要性

mp3プレーヤーなどに使用するイヤホンでも出音の確認は出来ますが、DTMをはじめるならスタジオ用モニターヘッドフォンがあると、判断力が高まり不要なエフェクト処理をしなくて済むからです。

SONY MDR-CD900ST

www.smci.jp

MDR-CD900STは日本中のスタジオで、もっとも使用されてるモニターヘッドフォンです。

MDR-CD900STは発売から30年経った現在でも、基本性能を変更してない点で、もっとも優れてる、モニターヘッドフォンだと思います。

それはソニーとソニーミュージックスタジオが、スタジオ業務用として共同開発したからです。

MDR-CD900STは長時間使用すると、耳が痛くなるのが唯一の欠点ですが、モニターヘッドフォンのみで制作をしないように、スタジオモニターと併用して使用すべきでしょう。

ちなみにXONE STUDIOではメインモニターヘッドフォンとして、レコーディングからマスタリングまで使用しています。

Amazon.co.jp: SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST: 楽器
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900STを 楽器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

SONY MDR-7506

www.sony.jp

MDR-7506は世界中のスタジオで使用されている、MDR-CD900STの海外版みたいな存在です。

MDR-7506とMDR-CD900STの違いは、MDR-7506が青いラインで、カールコードにステレオミニジャックに、フォン変換が付いています。

MDR-7506は折りたたみ式で、キャリングポーチも付属していますので、持ち運んで使用する事も出来ます。

MDR-7506も長時間使用すると、耳が痛くなるのが唯一の欠点ですが、モニターヘッドフォンのみで制作をしないように、スタジオモニターと併用して使用すべきでしょう。

ちなみにXONE STUDIOでは、持出し用モニターヘッドフォンとして、PAからライブレコーディングまで使用しています。

Amazon.co.jp: SONY ステレオヘッドホン MDR-7506: 楽器
Amazon.co.jp: SONY ステレオヘッドホン MDR-7506: 楽器

AKG K240 STUDIO

www.akg.com

K240STUDIOは世界中のスタジオに導入されているモニターヘッドフォンです。

K240はセミオープン型ですので、MDR-CD900STや、MDR-7506で耳が痛くなる方は、こちらを選んでも宜しいかと思います。

しかもMDR-CD900STやMDR7506よりも安いですので、コストパフォーマンスは高いと思います。

Amazon.co.jp: AKG セミオープン型ヘッドホン スタジオモニター K240S【国内正規品】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: AKG セミオープン型ヘッドホン スタジオモニター K240S【国内正規品】: 家電・カメラ

エージングについて

モニタースピーカーやモニターヘッドフォンは、エージング(慣らし)が必要とされていますので、100時間ほど様々なジャンルの音楽を聴いて、耳やユニットを慣らして下さいね。

最近ではエージング用に開発された、リファレンスCDもありますので、そちらを併用しても宜しいかと思います。

まとめ

ド定番で出音を聴くなら、SONY MDR-CD900ST

定番かつ持ち運びを考えるなら、SONY MDR-7506

コストパフォーマンスなら、AKG K240 STUDIO

他にも様々なメーカーからモニターヘッドフォンが発売されていますので、どうしても気になる商品がありましたら、実際に装着して聴いてみることをお勧めします。

その際には自分の好きな楽曲か、ご自身で作曲した楽曲を持ち込むとベストです。

私はモニターヘッドフォンの出音を確認するために、電気屋・楽器店を回って、ヘッドフォンの出音を確認してから購入していますので、

みなさんも、ネット情報を鵜呑みにせず、聴き比べて下さいね。

 

みなさん五回目のDTM講座はいかがだったでしょうか?

今後もDTM講座を更新していきますので、参考にしてください。

コメントやメッセージもお待ちしております。

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました