Ableton Live 5 一番最初に購入したシーケンスソフト

機材レビュー

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

私がDTMをはじめる為にまずはパソコンを購入しましたが、パソコンだけではDTM出来ませんので、次にシーケンスソフトを購入しました。

Ableton Live 5

www.ableton.com

すでにLive10にまで進化しておりますが、あくまで一番最初に購入した、シーケンスソフトの話ですので、宜しければ最後までお付き合いください。

 

Ableton Live 5はライブパフォーマンスに特化した、ループシーケンサーソフトでしたので、クラブミュージックを制作するには、最適だと思っていました。

QOSMIOに、Ableton Live 5をインストールし、アクティベートをアンロックして使用していましたが、最初はまったく使い方が分かりません。

Ableton Live 5には、レッスン機能がありましたので、最初はレッスン通りに進めて行くうちに、Ableton Live 5の、使い方を理解していきました。

セッションビューやアレンジメントビューに、オーディオデータを貼り付ければ、ようやく音を出せるようになりました。

 

楽曲制作する為にはMIDIトラックにインストゥルメントをインサートして、パソコンのキーボードをMIDIキーボードとして使う事が出来るのも、大変便利でしたね。

 

Ableton Live 5の一番魅力な点は、やはりループ機能ですね。

オーディオトラックにオーディオデータを貼り付けて、ループ開始点とループ終了点を設定すれば、ループとループを合わせるだけでDJも出来るようになります。

実際にヒップホップなどのトラックメイカーは、MPCなどのサンプラーを駆使して、トラック制作していますので、それがパソコンとAbleton Liveがあれば同じ事が出来ます。

 

しかしAbleton Live 5で楽曲を制作していましたら、ある疑問点が、浮かび上がりました。

 

市販のCDと自分が制作した楽曲は、あきらかに音質が違うのです。

 

今思えば、300万円から青天井に掛けれる制作費と、1億円を超すアナログコンソールや、無数のアウトボードがあるスタジオで、プロデューサーの指揮のもと、プロのエンジニアが施した最高の音質と、DTMを始めたばかりの初心者が出す出音が、同じはずがありません。

 

しかしAbleton Liveはバージョン8から、オーディオエンジンが、変わりましたので、市販のCDと変わらない音質になったと思います。

今でもライブパフォーマンスしたり、オーディオ編集するには最適な、シーケンスソフトですので、みなさんも一度は使用してはいかがでしょうか?

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました