はじめてのDTM講座 七回目 ハードシンセサイザーの選び方 

DTM講座

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

前回はMIDIキーボードの選び方を説明しましたので、今回はハードシンセサイザーを紹介しましよう。

シンセサイザーとは

シンセサイザーとは、主に電子工学的手法により、音色を合成する楽器の総称です。

いろいろな音が作成・編集できる鍵盤楽器で、電子楽器や音源と呼ばれることもあります。

まれに鍵盤がない、ハードシンセサイザーもあります。

シンセサイザーの種類

シンセサイザーには様々な種類がありますが、大まかに分けると、ハードシンセサイザーと、ソフトシンセサイザーに分けられます。

ハードシンセサイザーとは、実機のシンセサイザーで、逆にソフトシンセサイザーは、パソコン内で、使用できるシンセサイザーです。

ハードシンセサイザーの中にも、アナログ・アナログモデリング(バーチャルアナログ)・PCM・ウェーブテーブル・モジュラーなどの種類に分けられます。

初めて購入するなら

はじめて購入するシンセサイザーは、 ハードアナログモデリングシンセサイザーが、お勧めです。

なぜならソフトシンセサイザーには、高音質で高容量のPCMシンセサイザーが、多数販売してるからです。

私はPCMシンセサイザーを先に購入しましたが、プリセットをそのまま使用することが多く、オリジナリティの高い楽曲を作れませんでした。

そんな時に友人から、Roland Sh-09を借りて遊んでいましたら、音を合成する魅力に取りつかれ、それからモジュラーシンセサイザーを購入する事になったからです。

ちなみにRoland Sh-09は、まともな音が出ませんし、音を保存する事も出来ません。それがアナログシンセサイザーの面白い所で、魅力的な所です。

Novation UltraNova

f:id:xonestudio:20190528083920j:plain

novationmusic.com

UltraNova、はNovation社のすべてを凝縮させた、歴代最高のパフォーマンスを誇るシンセサイザーで、同時発音数は18音です。

オーディオインターフェイス機能・ボコーダー機能・ソフトウェアエディター機能・MIDIキーボード機能を、兼ね揃えたバーチャルアナログシンセサイザーです。

鍵盤数は37鍵盤ですので、ライブパフォーマンスには、最適なサイズだと思います。

ちなみに私が一番欲しいシンセサイザーでもあります。

https://www.amazon.co.jp/Novation-AMS-ULTRANOVA-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC-UltraNova/dp/B004EF86QM/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%EF%BC%AE%EF%BD%8F%EF%BD%96%EF%BD%81%EF%BD%94%EF%BD%89%EF%BD%8F%EF%BD%8E+%EF%BC%B5%EF%BD%8C%EF%BD%94%EF%BD%92%EF%BD%81%EF%BC%AE%EF%BD%8F%EF%BD%96%EF%BD%81&qid=1562676862&s=musical-instruments&sr=1-1

KORG microKORG XL+

f:id:xonestudio:20190528084235j:plain

www.korg.com

XONE STUDIO-R3

microKORG XL+は、国産シンセサイザーの老舗の、コルグ社から発売されてる、アナログモデリングシンセサイザーで、同時発音数は8音です。

ボコーダー機能・ソフトウェアエディター機能を兼ね備えて、しかも値段も安いのでコストパフォーマンスは高いです。

鍵盤数はミニ37鍵盤で、ライブパフォーマンスには最適なサイズだと思います。

https://www.amazon.co.jp/KORG-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC-microKORG-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%B0/dp/B00969BGJ0/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%EF%BC%AB%EF%BC%AF%EF%BC%B2%EF%BC%A7+%EF%BD%8D%EF%BD%89%EF%BD%83%EF%BD%92%EF%BD%8F%EF%BC%AB%EF%BC%AF%EF%BC%B2%EF%BC%A7+%EF%BC%B8%EF%BC%AC%EF%BC%8B&qid=1562676947&s=musical-instruments&sr=1-1

Roland GAIA SH-01

f:id:xonestudio:20190528084803j:plain

www.roland.com

GAIA SH-01、は国産シンセサイザーメーカーの、ローランド社から発売されている、

バーチャルアナログシンセサイザーで、同時発音数は64音です。

音作りがし易いパネルレイアウトになってますので、アナログシンセサイザーを理解しやすくなっています。

しかしアマゾンで販売されておりませんでしたので、新しいこちらも気になるところです。

Roland JD-Xi

https://www.roland.com/jp/products/jd-xi/

Roland JD-Xiは、アナログとデジタルの融合シンセサイザーで、最大同時発音数129 音で、内訳はデジタル・シンセ+ドラム・キット合わせて128音、アナログ・シンセ1音で、デジタル・シンセは最大同時発音数64音です。

4パートの、パターンシーケンサー搭載ですので、ライブパフォーマンスに大活躍しそうなハードシンセサイザーです。

機会があれば楽器店に行って、実際に触ってきたいと思います。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-JD-XI-Roland-Synthesizer-37%E3%83%9F%E3%83%8B%E9%8D%B5%E7%9B%A4/dp/B00SKUYNY6/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%EF%BC%B2%EF%BD%8F%EF%BD%8C%EF%BD%81%EF%BD%8E%EF%BD%84+%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%A9%EF%BC%A1+%EF%BC%B3%EF%BC%A8%EF%BC%8D%EF%BC%90%EF%BC%91&qid=1562676979&s=musical-instruments&sr=1-4

まとめ

青いボディが好きなら、Novation UltraNova

コストパフォーマンスを考えるなら、KORG microKORG XL+

音作りのやり易さなら、Roland GAIA SH-01

見た目のカッコ良さで選ぶなら、Roland JD-Xi

他にも様々なメーカーからシンセサイザーが発売されていますので、どうしても気になる商品がありましたら、触ってみることをお勧めします。

ハードシンセサイザーをアナログ録音する事で、オリジナリティ溢れた楽曲を制作する事が出来ます。

特にリードシンセやベースといった、楽曲になくてはならない音色には、ハードシンセサイザーを有効活用して、楽曲を制作して下さいね。

 

みなさん七回目のDTM講座はいかがだったでしょうか?

今後もDTM講座を更新していきますので、参考にしてください。

コメントやメッセージもお待ちしております。

 

あなたにとって、素敵なDTM生活が送れますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました