XONE STUDIOの防音性能確認

防音室化計画

こんにちは、XONE STUDIOのくまひろです。

 

以前YouTubeで公開したXONE STUDIO防音室化計画で、防音性能のご質問が来ておりましたので、ここで軽く説明しておきます。

もっとご質問を頂けましたら、いつか動画にしたいと考えてはおります。

XONE STUDIOの防音性能検証

まずはスピーカーからの距離は、80cmぐらいの位置で、いつも使用している騒音計で、何枚か写真を撮影した平均値の写真です。

スタジオ内での測定基準値は、70.7dBUです。

普通にカフェミュージックをBGMレベルで再生している状況で、撮影しております。

XONE STUDIOの中心での検証

XONE STUDIOの中心で、椅子の上に騒音計を設置して騒音計を撮影しました。こちらも何枚か写真を撮影した平均値に近い写真ですので、スタジオ内でも多少騒音が減少している事が確認できます。

スタジオ内での減音値は、6.1dBUです。

少しだけ減音しておりまして、実際に私の耳で聴いた感じでは、吸音材の効果が高く、余計な響きが無くなっていますので、リスニングだけの用途では、あんまりお勧めできないドライな環境です。

XONE STUDIOのドア外

XONE STUDIOの木製ドアの外で騒音計を撮影しました。本来なら椅子を用意したかったですが、どうせなら隙間の空いている床面に近い場所で検証してみました。こちらも何枚か写真を撮影した平均値を投稿しております。

スタジオ外での減音値は、26.0dBUです。

かなり減音しておりまして、実際に私の耳で聴いた感じでは、ちょっと聞こえているくらいまでになりました。いつか木製ドアの隙間を埋めたいですが、現在余裕がありませんので、次の防音室化計画での課題とさせて頂きます。

XONE STUDIOの隣部屋

XONE STUDIOの隣部屋で騒音計を撮影しました。ベットの上に騒音計を配置して計測しております。こちらも何枚か写真を撮影した平均値を投稿しております。

スタジオ外での減音値は、28.5dBUです。

かなり減音しておりまして、実際に私の耳で聴いた感じでは、かすかに聞こえているくらいまでになりました。XONE STUDIOは木造建築ですので、隣の部屋の壁も石膏ボードにクロス(壁紙)を貼り付けているだけなのですが、意外と遮音シートと吸音材が検討している事を確認できます。

XONE STUDIOの隣部屋中心

XONE STUDIOの隣部屋で騒音計を撮影しました。ベットの上に騒音計を配置して計測しております。こちらも何枚か写真を撮影した平均値を投稿しております。

スタジオ外での減音値は、28.5dBUです。

かなり減音しておりますが、隣部屋は防音対策を施していませんので、隣ベアのどこで測定しても、ほぼ同じ数値でした。実際に私の耳で聴いた感じでは、かすかに聞こえているくらいまでになりましたが、音が少し反響しているのが気になりました。

XONE STUDIOは木造建築ですので、隣の部屋の壁も石膏ボードにクロス(壁紙)を貼り付けているだけなのですが、意外と遮音シートと吸音材が検討している事を確認できますが、隣部屋は防音対策を施していない為、隣部屋に入ってきた音波が、隣部屋内に反射している事が確認できます。

 

本来なら1階に行ったり、家の外に出たりして検証してみたいのですが、もっとご質問を頂けましたら、動画として検証してみたいと思います。

そして予算が取れましたら、防音室化計画を進める為に、天井の吸音材張り付けや、窓簡易はめ殺し吸音ボード設置、木製ドア隙間改善などを考えております。どちらにしてもそれなりの金額となりますので、次の防音室化計画が進行するまで今しばらくお待ちください。

まとめ

現在までの防音室化計画の予算は5万円程ですが、(以前購入した吸音材を含めると10万円)それなりに防音効果があったように感じられます。ただDIY・動画撮影・動画編集・公開・反応を確認していますと、動画再生数も思うように伸びていませんので、XONE STUDIOチャンネルの知名度の低さや、私の編集能力が評価されているだけかもしれません。

XONE STUDIOチャンネルでは、私が個人的に気になった事や、動画撮影・編集などの技術を向上するために、始めましたので、今の現状を真摯に受け止めこれからも動画撮影・編集を行って行きたいと思います。

宜しければ、チャンネル登録や高評価を宜しくお願い致します。

 

あなたにとって素敵な音楽ライフが過ごせますように…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました